魅惑の黒髪。。。☆-120307_1755~01.jpg













先日、『TIME(タイム)』という映画を観てきました








ストーリーは。。。






全ての人間は25才で身体の成長が止まり、


それと同時にソコからの余命は一年となり、


左腕に埋め込まれたボディ・クロックと呼ばれる体内時計が


余命となる〈時間〉をカウントダウンし始める。




余命である〈時間〉が通貨の代わりになるので、


家賃や食事や。。。何かを得るためには余命と引き換えになる。




そのため、スラムゾーンの人々は労働によって


通貨となる〈時間〉を稼がないとならない。


その一方で、富裕ゾーンの人たちは働く必要がないほどの


〈時間〉を持っている。






かなりザックリだけど、そんな感じです


まさに、『タイム・イズ・マネー』です






〈時間〉をユッタリと使うことができるのは


やはり金銭的にも余裕がないと難しいコトなんだなとシミジミ感じてしまい、


ミョーに納得してしまいましたぁ~~~














スポンサーサイト
[PR]